価値を高めるために行う

建設現場

マンションは、10年以上経過すると様々なところが劣化してきます。劣化の状態が続いたのもそこに人が住んでいても、なかなか不安に感じる人もいるはずです。そこで、大規模修繕を行うわけです。ただ、大規模修繕を行う場合には、一般的に15年ぐらいが経過した時といえるでしょう。これぐらいが一番耐久力が落ちるからです。例えば、外壁塗装や防水加工なども 15年ほどが耐用年数とされていますので、少なくとも15年が経過するかどうかぐらいの段階で一度修繕を行うのが基本です。そこに住む人たちの安全の確保が目的といってもよいでしょう。もう一つ目的があるとすれば、マンションの価値を高めるためです。例えば、15年ほど済んだマンションを売却する場合、大規模修繕をしているかどうかで売却費用が全く変わってきます。もし、すでに大規模修繕をしている場合ならば、そこまで価値が落ちることはありません。

耐震性を高める

男性作業員

マンションの大規模修繕をする目的の一つは、耐震性を高めることになります。耐震性で問題になりやすいのは、やはり直下型の地震になるでしょう。特に、最近は南海トラフ周辺に限らず全国どこでも局地的な地震が起きています。しかも震度6以上の地震が起きることが多いため、対策を十分に行わなければいけません。これらの地震に対抗するためには、しっかりとした耐久力が必要です。耐久力がもろくなる原因の一つが、外壁塗装の問題といえるでしょう。外壁塗装と耐震性がどのように関係があるかといえば、外壁塗装をしてから15年以上経過すると、外壁が劣化します。外壁が劣化するとひび割れなどが発生してそこに雨水などが入り込むことになるわけです。そうすると、コンクリートの内部が劣化して建物を支えている躯体に影響があるわけです。結果的に耐震性のぜい弱化につながるといえるでしょう。もう一つの効果は、防水機能を高めるためです。特に、上の階に住んでいる人にとっては、屋根からの雨漏りが深刻になります。マンションも、いくら鉄筋コンクリートとはいえ防水の劣化が起これば雨漏りが発生するのは間違いありません。一度雨漏りが発生してしまうと、外壁塗装の時と同じように内部に水が浸透してしまい躯体に悪い影響を及ぼしてしまいます。そこで、大規模修繕をすることで、これらを防ぐことが可能になります。このように、一見なぜ大規模修繕をするのかわからないと感じている人でも明確で十分な意味があることを理解すれば工事を歓迎してくれるはずです。

広告募集中